ツール


車のボンネットから

ゆらゆらと熱気が立ち上がる


日差しに目を細める




私の エンジン/心臓 を強くキックして


私をどこかへ連れて行って
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-07-25 22:19

SURVIVAL  /  Madonna

強くならねばいけない。


強くあらねばいけない、そんな局面に人生は時々出くわす。
しょっちゅうだな、と思わなくもないけども。

そういう時は、
ちょっと気分を変えてくれる友人にSOSして声を聞く。
それで救われる。

それから、内実を知ってる友人に聞いてもらう。
共感を得られて、救われる。

そして、ついには同じ立場にいる友人に相談し
解決策を具体的にする。
具体的にすることは、痛みがともなうから、一番後回し。

ただ一言、「助けて」と言えば終わる立場ではないから、
「助ける」のは私なのだから、
「助ける」ための強さを、私は欲しい。


「だれよりもか弱く見える命が
だれよりも強い母になれ、と突きつける」


防波堤になる。
どんな大きな津波にも負けない、しなやかな防波堤に、なる。
命をかけて。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-07-08 14:31 | music

コヨーテ  -anotherstory-


一度、書き始めたものの、どうも進まないので、こちらにもアップしませんでした。
ようするに、つじつまのようなものを書き連ねようと思うと、飽きちゃうんです。
瞬間瞬間の切り取った光景を、私は見たいのだと改めて実感。
また、仕切りなおしますね。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-05-23 01:19

コヨーテ



昼の暑さの幽霊が、
夜のハイウェイに火の粉を立ち上がらせる。
一瞬、また一瞬に、走り、また立ち止まる。


消えたのは、女のかたちをしたコヨーテ。
( 砂埃できしむベッドより、冷たい荒れ野に背中をゆだね )


怠惰な男たちは、強い日差しに、ただ目をふせるだけ。
誰も口をきかない、静かな、モータープール。


車のライトは正直に、前だけを照らすけれど。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-05-01 15:09 | poetry

夜具と夜衣



深い所に落ちてゆくには

一息



吐く息だけ白く

もう戻らない鳥のように


身体だけ底まで

まどろっこしいほど、ゆっくりと


一息に



吸う息が

途中で止まるほど

かすかに震える



この夜に、でも

あなたの名前を呼んだりはしない
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-02-20 01:48 | poetry

太古の女



子を宿す時、私は太古の女だ。
内なる呪術に従うのみ。

子を宿した女がしあわせだと
誰が言っただろうか。
命を宿すことは、死を宿すことだ。

しかし、

満ちているのは喜びと力。
静かに立ち上がる呼吸。

静かに、とても静かに。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-01-11 21:57 | poetry

LOVE DELUXE(album title)   /  sade

 
 パリにはいつも夜明け前に着いた。夜行列車で行くからだ。
パリの街はまだ真っ暗で、オレンジ色の街灯が道を濡れたように照らして、なまめかしい気がした。
NORD駅からEST駅へ向かって歩く。
誰もいない名もない通り。降りたシャッターのはげかけたペンキ。

冬。

夜明け前には、どんな裏切りも背徳も、祈りに似ている気がする。




静けさに人が、ささやく時。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-01-03 00:45 | music

MER GIRL  / madonna


 コンポストを作っていた。
否、作っていたのは庭であって、コンポストを作るのだけが目的だったわけではない。
野菜くずと落ち葉、引き抜いた雑草と剪定した枝葉、
そこに時々は米ぬかやEM菌などを加えてうっすら土をかぶせ、プラスティックのフタを閉める。
 こうして出来た堆肥のおかげで、私の庭はふっくらと柔らかで、ミミズがたくさん住み、
それを狙ってモグラが巣を作った。
 冬の寒い日でもコンポストの外側に手をあてると、醗酵する熱でほんのりと暖かかった。
中では、醗酵と腐敗とミミズやウジ、あらゆる手段で物質は土に返って行くのだ。

 女は、と大きく括っては間違いが起こるが、概して女に生まれると、他者をケアする立場になることが多い。
家族、結婚すれば配偶者や子供。
社会的な役割として、だけではない。
ケアを望む声が聞こえてしまえば、どうしようもないことなのだ。助けてくれと聞こえる声は、助けてやるまで消えないのだから。
惜しみなく愛をそそぐ、こともできる。だが、愛は惜しみなく奪う、と解釈する夜もあるのだ。

 夜、私が薄暗がりで目を開けている時、庭の片隅のコンポストでは虫達が餌を土の中に引っ張り込み、噛み砕いている。歯音が聞こえてくる。
 コンポストの中の様子は気持ちのよいものではない。
けれど、開けて、ウジや名前の知らない虫達が腐敗の中にうごめく様子を見て、

「私は大丈夫だ。まだ、私は大丈夫だ。」

そう思う時がある。
いつか、枯葉が私にかぶさり、虫が私を食べる。おぞましいそのことが、私を救う時がある。
気ぜわしくのっぴきならない関係の中で生きてゆく。自分を見失うことなく。
それは、少しむずかしい。

「MER GIRL」
 愛娘にあてた子守唄のような「LITTLE STAR」の後、この陰気な曲は歌われる。
ささやくように優しく、あきらめたようにブラブラと。妙にやすらかに。
これは、女を眠らせる子守唄なのだ。

「私は走り出した。
居場所のない家から。
とどめておけない男から。
死んでなお付きまとう母親から。
眠らない娘から。
私は走る。
喧騒と静寂から。行き交う通りから。」


私の眠らない娘が起きだすので、この辺で。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2004-12-30 02:13

閑話

 さて、取るものも取りあえず始めたブログですが、ここらでちょっと休憩を。

作りながら機能を把握してゆくということで、ちょこちょこと手を加えてきました。

 まず、以前に書いた詩や、旅の途中で書き殴ったものを、大体アップしたところ。
「Fiction D&P」など、別のページもリンクして、それから私の友人のサイトをふたつ加えました。
 「portfolio」は写真家の友人のサイトです。
かれこれ十年近く付き合っている、尊敬する人物。吉祥寺をよくいっしょにぶらぶらしてます。彼女の静かな世界をどうそ、訪れてみてください。
 「QWAN」も気が付けば10代からの友人。ジュエリーデザイナー。
彼女の作品を私も愛用しています。私の腰のTATTOの図案は、彼女の作品にヒントをもらいました。

 他にもいろいろとお友達のすてきなサイトがあるのですが、ここではぐぐっと(笑)趣味に偏っていきたいと思っています。

 それからブログも、素敵な着眼点を持つ方々と、リンクさせていただきました。
なかなかいろんなところを巡る時間がありませんが、こつこつと見つけては、リンクをさせていただこうと思います。


 音楽を勝手なイメージで解釈してゆく「music」。それでそれはいったいどんな曲なんだ?と問わないでください(笑)。

 写真と言葉の「自己コラボ」も、コンテンツ「image」として、これからアップする予定です。


スローテンポな更新になると思いますが、どうぞ、よろしくお願いします。


 
[PR]
# by diamonds-pearls | 2004-12-27 23:55

フリーダ・カーロの絵の前で


心臓に子を宿す。
フリーダ・カーロの心臓には。

鼓動を打つたび、家々をノックする
死者が空から降ってくる街、
メキシコ・シティ。

こっけいな骸骨顔をして
ひからびちゃった死者たちが、
金と銀とで降ってくる。

粉っぽく。


大事なものはひとつひとつ失った。

自ら壊した物も、
奪われるようになくなった物も、
記憶ばかりを極彩色の祭壇に飾って。


女は無視される。

家の
台所と浴室の間に、
玄関の目の前に、
窓の下の茂みに、
女達は横たわって。
まるでそこにいないかのように
人は女を踏みつけ、家に入ってくる。

心臓が打つたびに。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2004-12-24 00:35 | poetry