MER GIRL  / madonna


 コンポストを作っていた。
否、作っていたのは庭であって、コンポストを作るのだけが目的だったわけではない。
野菜くずと落ち葉、引き抜いた雑草と剪定した枝葉、
そこに時々は米ぬかやEM菌などを加えてうっすら土をかぶせ、プラスティックのフタを閉める。
 こうして出来た堆肥のおかげで、私の庭はふっくらと柔らかで、ミミズがたくさん住み、
それを狙ってモグラが巣を作った。
 冬の寒い日でもコンポストの外側に手をあてると、醗酵する熱でほんのりと暖かかった。
中では、醗酵と腐敗とミミズやウジ、あらゆる手段で物質は土に返って行くのだ。

 女は、と大きく括っては間違いが起こるが、概して女に生まれると、他者をケアする立場になることが多い。
家族、結婚すれば配偶者や子供。
社会的な役割として、だけではない。
ケアを望む声が聞こえてしまえば、どうしようもないことなのだ。助けてくれと聞こえる声は、助けてやるまで消えないのだから。
惜しみなく愛をそそぐ、こともできる。だが、愛は惜しみなく奪う、と解釈する夜もあるのだ。

 夜、私が薄暗がりで目を開けている時、庭の片隅のコンポストでは虫達が餌を土の中に引っ張り込み、噛み砕いている。歯音が聞こえてくる。
 コンポストの中の様子は気持ちのよいものではない。
けれど、開けて、ウジや名前の知らない虫達が腐敗の中にうごめく様子を見て、

「私は大丈夫だ。まだ、私は大丈夫だ。」

そう思う時がある。
いつか、枯葉が私にかぶさり、虫が私を食べる。おぞましいそのことが、私を救う時がある。
気ぜわしくのっぴきならない関係の中で生きてゆく。自分を見失うことなく。
それは、少しむずかしい。

「MER GIRL」
 愛娘にあてた子守唄のような「LITTLE STAR」の後、この陰気な曲は歌われる。
ささやくように優しく、あきらめたようにブラブラと。妙にやすらかに。
これは、女を眠らせる子守唄なのだ。

「私は走り出した。
居場所のない家から。
とどめておけない男から。
死んでなお付きまとう母親から。
眠らない娘から。
私は走る。
喧騒と静寂から。行き交う通りから。」


私の眠らない娘が起きだすので、この辺で。
[PR]
by diamonds-pearls | 2004-12-30 02:13
<< LOVE DELUXE(alb... 閑話 >>