蜜月


もう、私の胸を叩くのをやめておくれ。
私の胸はもうお前にすべてをやって
薄皮ばかりになってしまったのだから。

私の腕の中で、なにひとつお前を理解できない。
裏切られているのか、
それともそんな約束は、
最初の日からありもしないのか。

私が求めるようには返ってこない、
その、ものの名は、あまりに陳腐な食べ物なのだ。
胸にはかつてあふれていたが
ついにお前の口には入ることはなかった。

胸を開くたび、お前は口を閉じて
お前も私も、その食べ物で腹を満たす事はなかった。

蜜月は終ったのだ。

ただ、腕の中でお前はあばれ、
私はひとりごとのように話し掛ける。
[PR]
by diamonds-pearls | 2004-11-29 21:46 | poetry
<< 椅子の上の女 はじめまして >>