MOTHER  /  police

 最近、抽象的なことに思いをめぐらす時間がなく、殺伐としていた。
夜、どうしても音楽が聞きたくなり、ヘッドフォンを持ち出した。Stingの「NOTHING LIKE THE SUN」。なんの期待もなく選んだCDだが、鳴った途端、あっけなく潤ってしまったことに驚く。
思考の鉱脈を掘り当てた気分。



 夜の音。
冬の朝の匂い、夏の夜の匂い、季節や瞬間にそれぞれ匂いがあるように、空間にはその時々の「音」が存在する。
夜に満ちているのは、ソプラノサックスやオーボエのような、木管楽器の少しくぐもった高い音。夜の遠いところから聞こえるように思うのは、耳の端でしか捕らえられないからだ。
曲ではない。ただ、音。

 ある男の顔。
高校生の時、岩波ホールで見た、映画「モリエール」の主演男優。フランスの前衛演劇「太陽劇団」の演出家が手がけた映画。ルイ14世時代の喜劇作家モリエールを描いた映画は、細部の汚し方が気に入っていた。
 衣装にじっとりと染み出す汗。砂漠の天蓋のようにはためく、粗末な舞台幕のサンドベージュ。
祭りの日、街頭で演じられる無言劇の、ガイコツのマスクで顔を包んだ役者の踊るような仕草。猥雑さと辛らつさ。

 その男を見ると、ろうそくの燃え止しの煙の匂いが鼻をかすめた。
祭りの終り。喧騒が過ぎて、けだるさの残る中、ひとつひとつ消されてゆくろうそくの、立ち上る一筋の煙。終息する狂気と、まだ冷めやらぬ興奮の入り混じった、一筋の細い煙。
本能的な恐怖と、抗いがたい魅力。




と、まあ、こういった感覚が、音楽を聴いているうちに溢れ出したのだ。
 以前、ドイツ中世の拷問道具についてのメルマガをやろうと企画していた。資料を探しているうちに、なんというか、モノが拷問だけに、痛いというか気持ち悪いというか、それに魅力を見出す人に(自分もそのひとりだけど)さらにウンザリしてしまって、ちょっと頓挫したままなのだ。
 また、最初はただの紹介文、あるいは拷問道具批評をしようとしていたのが、いつものごとく、思いをめぐらすうちに少しカタチを変え始めていた。
 そして、このモリエール役の俳優を思い出し、その打ち捨てていた企画に、瑞々しい潤いがあふれたのである。ただ、この鉱脈に本当に宝が眠っているのか、一鉱夫である私には知るよしもない。

ガイコツが笑っている。


 そのガイコツの笑い声が、policeの「MOTHER」である。
(やっと表題が出てきた)
Stingの印象の強いpoliceだが、一番好きなのは実はこの曲だ。

と、いう風に、曲の紹介や批評ではなく、そこから派生したイメージのようなものを書き止めてゆくのが、コンテンツ「music」なのである。
[PR]
by diamonds-pearls | 2004-12-20 02:19 | music
<< フリーダ・カーロの絵の前で イルクーツク、7月 >>