「ほっ」と。キャンペーン

BUENOS AIRES HORA CERO (ブエノスアイレス午前0時)  / astor piazzolla


透明なエレベータで男が昇って行った。


夜は、

たぶん、何も映さない鏡のようで

街灯が照らす石畳の、その次の街灯までのわずかな暗闇に

たたずんでいた女の


黒く、

黒く、


濡れた髪を思いださせたんだろう。




外国タバコの、安く鼻に残る香りに

舌を絡めて

倦怠を味わった。


女の顔は覚えていない。

舌の渋味は何度でも、思い出せる。

それが証だったのだから。


ベッドの端に座って下着を付けた、その女の後姿を

灰皿の中に捨てた。

燃え残る火を苦い唾液で消した。





エレベータがフロアを過ぎる度

ワゴンから漏れる光が扉の影を

鳥篭のように映し出す。

夜の靴音が刻むtangoを

まどろっこしいlargoで包み込む、

感情のようなもの。



男が道の上にどさりと落ちた。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2006-06-19 01:30 | music

show biz kids / RICKIE LEE JONES

   


夜の憂鬱の中に

足を差しいれた。


やわらかな液体のような闇に

沈んでいく。


手足は

もう、私のものではない。

低いベースの音が心地よく。


そう、

もう、何も見たくない。


やわらかな液体のような孤独の中に

私は私を忘れていく。


夜の深い憂鬱の中へ。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2006-05-05 19:13 | music

musicolosy      PRINCE


線路の上をループする、この電車みたいに

毎日が上滑りしてゆくの。

くるっくるっくるっくる

無味乾燥な音を立てて、過ぎて行くだけ。


ガッコの帰りにレコード屋に寄る。

友達は 「私も」 ってついて来るけど

彼女の好きなアイドルグループなんて

そこの店には置いてないよ。

くるっくるっくるっくる

って、私は体を揺すって、確かめたいの。

私はいったい誰なのか。


いったいどこにいて、なにをしているのか。


だけど、くるっくるっくるっくるって

見えない指先で煙に巻かれて

いつも自分を見失ってしまう。



レコード屋の店員の男の子は

いつも私を見ている。

うそ。

私は分かってる。

ふとした拍子に目が合うのは

本当は、私がいつも見つめているから。



ねえ



人生なんて


音楽がなければ

ただ、黒いターンテーブルが回っているだけ。


迷子でいるのは、もう、いやだ。

あなたのその針で、私の音楽を鳴らしてよ。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2006-02-14 16:28 | music

昨日の夢



昨日、悲しい夢を見た。

あなたが私のところにやってきて

私の心に降れる夢。

羽のようだった。

私はもう、そんな夢は見ないと思っていた。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2006-02-05 09:54 | poetry

te amo corazon      PRINCE




サテンのシーツが肌に冷たく、体温を奪う。

でも、女が肩をすくめるのは、そんな理由じゃない。

見慣れない風景だ、と感じているからだ。


重なる男の肌は、どうして誰も熱いのだろう。

さっきまで車をとばしていた砂漠を思い出す。



『ふたつの三日月にぶらさがって
道化が笑っている。

それは、あなたと私に似ていて
満ちることを知らない月』



吐息の向こうに、瑞々しい木々の匂いがする。

目をつむれば

わずかな風にこすれあう葉の音が、耳のすぐそばで聞こえる。

意識はそんな遠くにありながら

ただ、手さぐりで探し始めた。愛のようなものを。



けれど、いずれにせよ

オアシスを囲む石壁は、永遠を約束するものではない。



・・・・・te amo corazon


『あなたが欲しい。

その心臓の鼓動さえ、私のもの。』
[PR]
# by diamonds-pearls | 2006-01-29 10:55 | music

錬金術








悲しみや苦しみに

少量の毒を加えることで

深みのある喜びにかわることもある
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-11-21 03:52

時間






ほんの少し

私に苦しむ時間をあたえて欲しい。

苦しみはいらないから。


失った心を

ただ、慈しみたいの。

だから苦しむ時間を。

何も感じられないの。

過ぎていくのが速すぎて。


だから、時間を。

苦しみはいらないから。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-11-12 17:24 | poetry

あなたの上に

あなたの上に幸福を祈る。

あなたに喜びと祝福が、訪れるように。

もし、真実に愛というものがあるのなら
あなたがそれに触れ、
それにより、深くそして高く
あなたの魂が導かれますように。

もし、目の曇る時があったなら、
慈雨の一粒一粒があなたの目を洗い、
心により、
透明な真実の果実を見つけられますように。

私は、あなたの上に幸福を祈る。

あなたが喜びと感謝にあふれるように。


私は、あなたの上に幸福を祈る。


あなたの幸福の時、
そばにいるのが私でないとしても。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-10-06 00:15 | poetry

アンダルシア


そそり立つ家の合間をぬって、石だたみの路地を歩く。

強い日差しのコントラストが路地に一層黒く、影をおとす。
( 見上げれば、切り取ったように空だけが明るく )

こんなに強い光を受けて、なお、冷たい石の壁。
人の声を吸いこみ、通りに背を向ける。


午後。


一瞬の光。誰かが鏡を動かしたのか。

執拗に細い門から、そっと中庭を垣間見る。

瑞々しい光に溢れ、花の咲き誇る
閉じられた、その、中庭。

通りの者を拒み、その女の出るのを制す、
鉄門の美しいアラベスク模様。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-10-06 00:00 | poetry

別の人

何度もこうして向き合った。

なのに、その度に

あなたの名前も知らないことを知る。


知らされていない。

理解できない。

あなたという、別の人。


軽い絶望が、私の体温を奪っていく。
[PR]
# by diamonds-pearls | 2005-08-29 00:22 | poetry